【事例紹介】キッチン収納編

2021.07.14 15:04 事例紹介 works/事例紹介 断捨離 ブログ 片付け

「【事例紹介】キッチン収納編」の画像

今回ご依頼いただきました、お客様のキッチン収納の様子をご案内します。

ストックがないととにかく不安というお悩みでした。
食品のストックの量がとっても多く、
収納のほとんどを占領していました。

賞味期切れのものと、食べたくない物、要らない食器やタッパーなど
たくさん処分できました。

あるのに買ってしまう癖は収納を整理することで、
何があるか把握しやすいよう、いわゆるスーパーの在庫棚のように
整理することで、毎日の生活がイライラしにくくなります。


まず、目にとまる食器棚や冷蔵庫の上のもの。

目に入ることで、イライラする。なくすことでスッキリ。
これだけでもストレスは減ります。
使っていないものや置き場に困っていたものを手放し、空いたスペースや
あるべき場所へ収納しました。


食器などの量を減らし、統一感を出しました。

いつか食べるかも、季節限定で今買って置かないとなくなるかも!?
そんな不安から買っても結局食べずじまい。
買っては詰め込みの繰り返しで、棚を開けるのも嫌だったとか。

整理をして袋を見せて陳列することで、見やすく出しやすい収納へ。

他にもキッチン下や、床下収納を整理しましたが写真取り忘れました(笑)
いつものことです。

たくさんの不安が詰め込まれていたキッチン収納ですが、
不安を手放すことができました。
手放したということは、それだけ不安って本当は必要ないものなのです。

’’ない’’と思っていたことが実が’’ある’’

ないモノに目を向けるのではなく、あるモノに目を向けることで、
不安を減らすことができますよ。


 

Comment

名前

コメント内容

画像認証
表示されている文字を入力してください。